読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカルイミライ

シンプルだけど、自分らしいスタイルがあるミニマルな暮らしを目指して…体調管理のため、ランニングもしてます。

follow us in feedly

ubuntu 作業メモ

Ubuntu 関連

rails の構築

ドットインストールのrails講座用に、環境を構築した。

http://www.oiax.jp/rails/zakkan/rails_3_2_installation_on_ubuntu.html

を参考に作業をした。

  • Git のインストール
sudo apt-get install git

Git インストール時の余分なファイルを消したければ、sudo apt-get install gitを実行してと言われるので、その通りにする。

  • 各種パッケージのインストール
sudo apt-get install curl g++
sudo apt-get install zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
sudo apt-get install sqlite3 libsqlite3-dev
  • RVM の除去
rvm implode

rvm を使ってなかったので、まだインストールされてないよ!と言われたので次へ。

  • rbenv のインストール
cd
git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL
  • ruby-build のインストール
mkdir -p ~/.rbenv/plugins
cd ~/.rbenv/plugins
git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
  • ruby のインストール
rbenv install 2.0.0-p247
rbenv rehash
rbenv global 2.0.0-p247

うまくインストールできたか確認。

rbenv version
which ruby
ruby -v
  • .gemrc の作成

以下の内容で ~/.gemrc を作成し、

install: --no-ri --no-rdoc
update: --no-ri --no-rdoc
gem install rails --version="~> 4.0"
rbenv rehash

ruby2.0のインストール

http://geektrainee.jp/works/script/20131207ubuntu_ruby2-0-install/スクリプトを参考にインストール。

#!/bin/bash
 
# 元のディレクトリ
WORKING_DIR=`pwd`
 
# 古いバージョンのRubyを削除
sudo apt-get remove ruby1.8
 
# RubyとRubyGemsをインストール
sudo apt-get -y install build-essential zlib1g-dev libssl-dev libreadline6-dev libyaml-dev
wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p247.tar.gz
tar xvzf ruby-2.0.0-p247.tar.gz
cd ruby-2.0.0-p247
sudo ./configure --prefix=/usr/local
sudo make
sudo make install
cd $WORKING_DIR
 
# tarファイルと解凍ディレクトリを削除する
rm -rf ruby-2.0.0-p247.tar.gz
rm -rf ruby-2.0.0-p247
広告を非表示にする